コールセンターはきつい?

コールセンターはきついということをよく耳にします。

仕事はお客様のお問い合わせにお答えしたり、注文を受け付けたりと企業の大切な窓口としてやりがいはありますが、大変なこともあります。

今回はコールセンターの仕事はきついところ、大変さを解消する方法などをご紹介します。

スポンサーリンク

コールセンターの仕事はきつい?大変?

お客様一人一人に合わせた対応する必要がある。

お客様は素人です。こちらに合わせてお話をしてくれるような人はまずいません。

お客様が高齢の方であれば分かるように説明しなければいけませんし、ゆっくりしゃべらないといけなかったりします。

また、急いでいる方にはちょっと早口にするなどその方に合わせて対応しなければ行けません。

1回1回の電話で気遣いが必要になってくるところが疲れるといえると思います。

お客様によって通話時間が違う

電話をかけてきた人のお問い合わせの量や内容によって通話時間が変わってきます。

簡単な問い合わせなら良いですが、すぐに答えられない場合は折り返しにしたりなど、長い場合は30分~1時間などかかることもありました。

お待たせする場合は急がなければいけないと焦ることもありました。

待たせるのを怒らないお客様は良いですが急かしてくるお客様はストレスでした。

混み合う時期は残業がある

私が働いていたコールセンターは混み合う時期があり、いつもそのような時期は残業がありました。

一定時間の残業はしなければいけなかったので、2交代制でしたが、混み合う時期は朝から夜まで仕事をしていました。

暇なときは電話がかかってくるのを待っているので楽ですが、混み合う時期はずっとしゃべりっぱなしなので疲れました。

職場の人間関係

やはり大事なのは上司との関係です。

お客様からの質問はもし自分の中で調べてもわからない解決できない内容は上司に質問や相談ができないといけません。

関係がよくないと質問もしづらいし、仕事にも支障が出ます。

実際質問をしづらい上司だったときは私も苦労しました。

スポンサーリンク

コールセンターの大変さを解消するヒント

言い回し・言葉のボキャブラリーを増やす

相手が分かってくれない場合はいろんな言い方で説明する必要が出てきます。

慣れてくればすらすら言葉は出てきますが、慣れるまでは隣の人や先輩の話し方を聞いて参考にしてみましょう。

また、新人の時はいろいろな人のしゃべり方を聞ける機会が多いのでメモにとっていろんな言い回しを覚えていきましょう。

休憩を取ってリフレッシュ

残業のときや、ちょっと通話が長引いて疲れたときなどはトイレに行ったりストレッチをしたり、好きなおやつを食べたり気分転換を大切にしましょう。

とにかく自分がリラックスできるようなことをしてストレスをためないことが大切です。

人間関係が辛いときは相談してみよう

人間関係がつらいと仕事ができたとしても楽しくありません。

私の場合は派遣だったので派遣会社の人に相談したことで解決したこともありました。

相談できそうな人が周りにいる場合は相談してみましょう。

スポンサーリンク

まとめ

コールセンターの仕事はきついこともありますが、仕事に慣れていくことで解決できることもあります。

上手にストレス解消をして、人間関係などで辛い場合は無理しないで相談したりしましょう。

それでもなかなか解決が難しい場合はそのコールセンターのやり方が合わない場合もあるので別のコールセンターに挑戦してみても良いと思います。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました