コールセンターの仕事に向いている人はどんな人?

コールセンターの仕事に向いている人はどんな人なのでしょうか。

求人募集はたくさんありますが、コールセンターの仕事をやってみたいけど迷っている方や仕事を始めたけど向いているのかお悩み中の方はいませんか。

今回はコールセンターの仕事に向いている人、持っていると便利なスキルをご紹介します。

スポンサーリンク

コーセンターの仕事に向いている人とはどんな人?

人と接するのが好きな人

コールセンターは対面ではありませんが、お客様と接する接客の仕事になります。

コールセンターにもよると思いますが、いろいろな世代の方とお話します。

人と話すことが好きな人、接客・営業が好きという人は向いていると言えます。

気分転換が上手な人

お客様はいつも良い人ばかりではありません。

クレーム窓口ではないかぎり毎回クレームはありませんが、嫌な電話というのもあります。

いちいち電話ごとに気分が落ち込むようではやっていけないです。

実際に私が仕事をしていたとき、同僚でお客さんに言われたことをいつまでも引きずってしまい、辞めてしまった人もいました。

すぐに気分を切り替えて次の電話に出られるかどうかが大事です。

責任を持って仕事ができる人

コールセンターではお客様のお問い合わせに正しく回答しなければいけません。

確認をしないで適当に答えたりするとクレームの元にもなります。

健康管理ができる人

販売や事務の仕事をしていた時は多少風邪を引いていても仕事ができました。

コールセンターは風邪を引いて声が出なくなったり、鼻声だったりするとお客様が聞き取れないので仕事になりません。

日頃の健康管理がしっかりできることも重要になります。

私は耳が聞こえなくなったこともあり、お客様の声が聞き取れないので、仕事ができないということもありました。

どんな仕事もそうだと思いますが健康管理は大切です。

スポンサーリンク

持っていると便利なスキル

ブラインドタッチ

コールセンターではお客様と電話をしながら入力が必要になります。

何度もやって慣れればできるようになりますが、ブラインドタッチができる人は入力している間にお客様を待たせる時間が短くなるので有利です。

笑声(えごえ)で明るく話すことができる

コールセンターは対面ではない分より声を意識して出す必要があります。

笑声(えごえ)とは明るい声で話すことを指します。

日頃から明るい声でハキハキとしゃべることができる人は練習する必要がないので、有利だといえます。

私は元々声が低く、笑声で話すことができなかったので、何度も練習しました。

スポンサーリンク

まとめ

コールセンターの仕事はやってみないと分からないこともありますが、これからコールセンターの仕事を考えている人で、今回ご紹介した内容が当てはまっているかもという人は、ぜひコールセンターの仕事に挑戦してみてください。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました